皮膚科で美しい肌を手に入れましょう

新杉田ヒルサイドクリニック

皮膚科で診察してもらう症状と言えば、ニキビや吹き出物、アトーピー性皮膚炎、いぼ、あせも、じんましんや湿疹といった皮膚疾患の治療が主です。治療法は主に軟膏を処方されるか、アトピー性皮膚炎のひどい時には注射を用いたりする時もあります。

また皮膚科の医者が処方する肌に優しい専用の洗顔フォーム、化粧水、乳液、そしてシャンプーからコンディショナーまで販売している所もあります。

しかし最近では、本来の皮膚科の診察項目には入らないような、シミやソバカスを消し去るレーザー治療を施す皮膚科が増えてきています。レーザー治療とは、美白を好む女性が増加している中、化粧品では防ぎきれないような出来てしまったシミ、ソバカスなどをレーザーで焼き切り、なかったもののようにしてしまう治療です。

この治療は保険適用外なので全額本人負担となります。また一度では治療しきれず、数回にわたって治療を受けなければなりません。ますます美を追求する女性たちが増えるなか、皮膚科の医療技術の進歩に目を離せません。

横浜の美容皮膚科「新杉田ヒルサイドクリニック」は皮膚科でありながら身体の内側から綺麗にすることを目標に、患者さんの立場に立った治療を行っています。美しい皮膚を手に入れたいのであれば、やはり美容に特化した皮膚科が良いと言えます。