爪のケアで指先美人に

手の中でも注目されやすい爪のケアは大切

ネイルを楽しんでいる女性は、自分の爪の健康にも気を遣っていると思います。ネイルした爪は綺麗なのに、ネイルを落とすと爪がボロボロ・・・というような状態は避けたですね。手は年齢をあらわすと言われていますが、その中でも指先や爪は人に見られている部分です。美しい手元にするために、ネイルケアを行いましょう。

乾燥を防ぐことから

ネイルケアの基本として、まずは乾燥をケアしましょう。皮膚である爪は、とても乾燥しやすいと言われています。そこで、植物オイルを使って爪のケアをしてあげましょう。オイルを使うことで、爪の乾燥を防ぐだけでなく、美しいツヤも与えることができますよ。ています。爪から爪の下の皮膚までオイルを丁寧にすりこんであげることで、ささくれ対策にもなります。ささくれは、薄皮のケアをしっかり行うことも大切です。指先を温めてから、余分な薄皮をコットンで優しく取り除いておきましょう。薄皮を丁寧にケアしておくことで、より美しい爪になりますよ。

気になる爪の縦線

爪に縦線ができているとお悩みの方も、オイルでケアしてあげることで、縦線対策が可能です。この縦線も爪が乾燥していることで起きてしまうので、オイルでケアすれば、縦線ができにくくなります。特に注意したいのが、洗い物です。食器洗い用の洗剤は、洗浄力が強いので、注意しなければいけません。おすすめは、ゴム手袋やビニール手袋をはめて洗い物することです。これによって、直接洗剤に触れないで済むので、爪の乾燥も防げます。食器洗い洗剤は、手荒れの原因にもなると言われているので、手袋を使うことは手荒れ防止にもなるでしょう。

爪切りはNG?爪やすりを使ってケア

ネイルケアを行う際、爪切りで爪を切っていませんか?爪を切る際は爪切りというイメージがありますが、実は爪切りは爪に負担をかけてしまいます。爪切りで2枚爪や深爪といったトラブルが起こるともいわれているので、注意しましょう。長さは、爪やすりで調整します。慣れるまで少し時間がかかりますが、爪専用のやすりを用意して、丁寧に長さを調整し、表面も軽く磨きましょう。爪先は、丸くせずなだらかな四角を目指すとキレイに仕上がります。この時、爪の先端は2mmくらい残すように処理してください。短くし過ぎてしまうと、トラブルの原因となってしまいます。今まで爪切りを使っていたという人は、爪やすりで整えることをマスターしてみてください。

多摩のネイルスクールといえばネイルズラルナフロール