初めての美容室でついてくれる美容師は大事

複数の美容師がいる美容室に行くなら

美容師によって技術も違えば、これまでのキャリアも異なります。
また、美容師ごとに得意とするヘアスタイル作りも違うため、自分に合ったスタイリストに担当してもらえるかどうかで、仕上がりが雲泥の差の結果になることもあります。
せっかく時間を作って、素敵なヘアスタイルになりたいと思って行ったのに、残念な仕上がりになってしまったらショックはかなり大きいでしょう。
複数の美容師がいる大きな美容室に行くときは、予約を取る際にこんな感じにしたいと伝えておくことです。
こんな感じに該当する要素はいろいろありますが、例えば具体的にショートヘアや、ショートボブにしたいという要望がある場合、ふんわりした感じのショートヘアにしたいのですがといった具合に伝えておきます。
新規のお客さんなので、美容室側もどのスタイリストが合うかわからず、担当する側もある程度緊張するでしょう。
そんなとき、ショートヘア希望ということがあらかじめわかっていれば、ショートヘアが得意なスタイリストの中から選べます。

スタイリストの雰囲気もこんな感じに含まれる

タレントのヘアスタイルや、ファッション誌の傾向から、こんな感じにしたいと伝えることもできれば、希望するスタイリストの感じを指定することもできます。
男性から見て、かわいいと思うヘアスタイルにしてくれるスタイリストさんといった具合に伝えると、男性スタイリストを希望しているのだなと分かります。
また、年代を聞いて、同じくらいの年代のスタイリストをあてがうこともあるでしょう。
よいと感じるものが同じというのは同年代に多いことから、世代間に生じるジェネレーションギャップによって、仕上がりがイマイチとなるのを防げます。
美容室側としても、予約の際にこんな感じにしたいと言っておいてくれると、スタイリストを誰にするかを事前に考えておけるという点で助かると言えます。

美容に関する会社であるPeace 株式会社は静岡にてヘアカットを実施中

タレントの写真や切り抜きでも気にしない

タレントの写真や切り抜きの持参は、こんな美人でもかわいくもないのにと思われていないかというのが気になりますが、スタイリストとしては具体的に視覚でわかるものを持ってきてくれるのは大歓迎です。
ただし、見るなりちょっとこれは無理ですねとか、似合わないと思いますよといった具合に断定された場合は、注意が必要です。
可能かな限り実現する努力はするものの、完全に同じ仕上がりにはならないことを先に説明してくれるスタイリストなら安心して任せられますが、見るなり否定された場合は取り掛かる前にスタイリスト変更を求めた方がいいでしょう。