マッサージをする上で守りたい三つの手順

マッサージは三つの手順に分けられます。温める、流す、ほぐす。この三つを順序良く行う事によって最大限の効果を発揮させることができるのです。まずは温める。マッサージもある種運動になりますので、筋肉を温めることから始めましょう。タオルをお湯につけ程よい温度にし、両肩とうなじが温まるように乗せて首の後ろで手を組みます。タオルの温度が下がってきたり、十分に温まったと感じるまで続けましょう。次に流す作業です。流すというのは、リンパ節を刺激して乳酸などの老廃物を流すという意味です。左鎖骨リンパ節(鎖骨下のくぼみ)をやさしく5秒くらいかけて押し、同じく5秒くらいかけてゆっくり離します。これを数回繰り返すことによりリンパ全体の流れを良くすることができます。最後にほぐす作業です。首を左右交互にすっくり三回ずつまわし、首周りのリンパ節を程よく刺激します。しかし、ここで気をつけなくてはいけないのは力を入れすぎないという事です。肩こりがひどい方は力を入れなければ気持ちよく感じないため力いっぱい行う方がいるのですが、これはまったくの逆効果になりますのでお気を付け下さい。以上三つの手順を行う事により、少々の肩こりは落ち着きます。セルフマッサージのため空いた時間にぜひ実践してみてください。

ピックアップ
中野にあるマッサージ屋「アロマフォレスト」
セルフマッサージを行うには、まずプロによる効率的な施術を知ることが大切です。中野の「アロマフォレスト」は、長年様々な人たちの身体のコリや痛みをマッサージで解決してきたプロです。素人では分かりづらい力加減やツボなどを的確に刺激してくれるので、非常にためになりますよ。豊富な経験と繊細な技術で、満足のいくマッサージを受けられること間違いなしです。