ボルダリングの特徴

ボルダリングとは

ボルダーという大きな石を登るロッククライミングの一種がボルダリングです。
山や海、また川に行った時、軽自動車からマイクロバスほどの石が落ちている光景を見たことがあるかもしれません。
この石を英語でボルダーと言い、それを登る遊びをボルダリングと呼びます。

人工の壁

1980年代、自然の石ではなく人工の壁を登るクライミングジムを楽しむ人が増えはじめました。
登り方としてはホールドという突起や穴を使って登ります。
このボルダリングジムは全国で500軒ほどあります。
ロッククライミング
ボルダリングはロッククライミングの一種ですが、これを行う際は道具を使用するエイドクライミング、安全のためにロープなど道具は使用するもののそれを足がかりにはしないフリークライミングがあり、後者はロープを使うルートクライミングと使わないボルダリングに分けられますから、あなたの好きな方を選んでください。
色々な登り方を楽しむ人も多いです。

魅力

ボルダリングはもし転落しても致命傷にならない3メートル〜5メートルの壁を登ります。
ロープを使わないわけはルートクライミングと違って安全性がとても高いからです。
小さな子、お年寄り、運動神経が鈍い女性、どんな人も楽むことができます。
腕の力がないとできないと思っている人も多いですが、はしごを登れるくらいの筋力があれば大丈夫です。
筋肉隆々の男性より、バランスをとりながら登る女性の方が危なげないかもしれません。

ジム

ボルダリングはジムなどで気軽にはじめてください。
必要な物についてはジャージやシャツ、ヨガパンツなど動きやすい物と靴下です。
クライミングシューズや滑り止めチョークはレンタルできます。
また、ジムでは登り方を教えてもらえます。
ジムの探し方に関してはインターネットで検索してそのホームページなどを見てください。
基本情報が分かりますし、クーポン券、会員登録料金の割り引き、クライミングシューズのレンタル料金が無料になるキャンペーンなどの情報も書いてあるかもしれません。

注意点

初心者も楽しめるボルダリングですが、けがには充分に注意しましょう。
事前にストレッチすることをおすすめします。

若い女性にも

体を引き締めたい、体系を維持したい、ストレスが発散できそうとボルダリングをはじめる若い女性もいます。
腕の筋力ではなくバランスをとりながら登るものなので、筋肉ムキムキになる心配はありません。

「株式会社リディールソル」のボルダリングジムがおすすめ