ネイルアートを作る際に大切な爪の形について

ネイルサロンdentty

 

ネイルアートをする際は、まず大切なのが爪の形を整える事です。爪の形はその人によって個性もありますし、爪の小さい人や爪の伸びが悪い場合などは、ネイルアートを施しても耐久性などに問題が出る事があります。

爪の形にも様々な種類がありますが、やはりネイルアートをした後にも良い状態を保つ為に、適切な形を選ぶ事が大切です。中心の位置が最も高いポイントやオーバルは、優しい印象に仕上がりますし、ラウンドは爪の耐久性を考えれば非常に良い形でもあります。これらのデザインは、先端が尖っている為にどちらかと言えば爪が丈夫な人向きの形です。

スクエアはシャープな印象を与えるすっきりとしたイメージですが、爪の欠けなどを予防する対策も含むのであれば、スクエアオフなども折れや欠けなどには対応できる良いデザインでもあります。爪の大きさによっても爪の形やアートデザインは変わりますが、耐久性や全体のバランスをしっかりと考えながらその人に最も合った爪の形を選ぶ事がとても大切です。

町田のネイルサロン「ネイルサロンdentty」はお客様それぞれの爪の特徴に合わせた提案をしつつ、高いデザイン性で評判のサロンです。普段のお仕事・家事の内容など伝えれば、それでも耐久性のあるネイルの仕方を提案してくれるので、嬉しいですね。デザインと機能性の両面でネイルにこだわりたい方、必見です。