まつエク中のメイクのポイント!アイラインやマスカラの使用はNG?

ファンデーション

エクステをつけるためのグルーはオイルに弱いので、油分の少ないメイク道具を使うのが基本です。
ファンデーションは、リキッド、パウダー、クリームタイプなどがありますが、まつエク中は、パウダータイプが一番おすすめ。
頬やTゾーンは普段通りでいいですが、目元はパフでポンポンとおさえるように、薄くつけましょう。
スライドさせると、その摩擦でまつエクが取れてしまうことがあります。
目元は特に、丁寧に優しく塗るようにしてくださいね。

アイシャドウ

アイシャドウは付属のチップではなく、指の腹で乗せるようにしましょう。
その方が摩擦が少なく、まつエクに負担がかかりません。
アイシャドウにも、クリームやペンシルタイプがありますよね。
摩擦や油分のことを考えると、プレストパウダータイプがおすすめ。
ここで注意なのが、まつ毛に粉が飛び散らないようにすることです。
塗る量が多いと、粉が飛び散ってまつげについてしまいます。
まつエクを付けていると、ボリュームと長さがあるので、粉がつきやすく目立ちやすいです。
少量ずつ重ねるようにして、発色を調節してくださいね。

jolie-reine.com

アイライン

まつエクをつけていると、アイラインを引かなくても目力が出るので、でナチュラル志向の方は必要ありません。
もし、アイラインを引く場合は、目尻に引くだけで充分。
エクステは、目元に集中してついているので、そこにアイラインを引くと、メイクが濃くなりすぎてしまいます。
最近のトレンドは、”がっつりメイク”ではなく、”抜け感のあるナチュラルメイク”。
目尻に引くときも、あまり主張しすぎないように、目の形に合わせて自然に伸ばすようにするといいですね。
アイライナーはリキッドかジェルタイプのものをチョイスしましょう。
ペンシルタイプは、油分が多いですし、引くのに力が入り、まつエクが取れやすくなるのでNG。
お湯で落ちるタイプのものがおすすめです。

マスカラ

マスカラは特に、クレンジングがしにくく、まつげに負担がかかりやすいメイクです。
基本的にまつエク中のマスカラは、しない方が無難。
人工毛はマスカラが落ちにくいですし、オフの際にこすらないといけないので、まつエクの持ちが悪くなる大きな原因です。
もしマスカラを使う場合は、まつエク専用のものを使ってください。
それなら、お湯でスルっと落ちますし、美容成分が入っているものが多いので一石二鳥です。
エクステが取れてきて、ボリューム不足が気になる・・・といったときには、専用のものに限り、使用してみてください。